診断と治療についてのあれこれ~発達障害診断とオキシトシン治療など~

Let us show you how our practice can help you:

1.治療をメインに希望の方

(1)治療をメインに希望の方は、ほとんどの方が幼少期か成人してから他院にてASD/ASp/ADD/ADHD/PDDなどを診断済みでいらっしゃいます。こちらでは、オキシトシンホルモン治療をDSM4-TR/DSM5のすべての発達障害に適応を拡大済みであるため、いずれであっても又はいずれのスペクトラム併存症であってもオキシトシンホルモン治療に導入可能です(なお、過去の診断の再検メニューと現在の症状の程度評価アセスメントのメニューもあります)。お問合せ

(2)DSM5以前に診断を受けたか、旧診断基準DSM4-TRで診断を受けた方の場合には、択一的にADHDが除外されてしまっているため、この点は再検します。

(3)オキシトシンは、点鼻スプレーと注射のいずれも実施可能です。使用用量については、東京大学発表の分と他の国内外の研究機関の発表の用量を分析済みですので、予算に応じて使用頻度と月ごとのオキシトシンホルモン国際単位を決定します(オキシトシン感受性遺伝子検査もあります)。また成人の場合では必要に応じて、小児ASD治療薬のAPZを併用します。

(4)ADHDの症状(特に多動性衝動性)が強い場合は、オキシトシンだけでは不十分なため、APZやATXを併用します。

(5)抑うつ・不安・焦燥感・不眠などの2次障害が強い場合には、セカンドオピニオン先での2次障害の継続的な精神的サポートが必須です。当院ではこれらの向精神薬・睡眠薬は取り扱っていません。しかしながら、継続的な精神的サポートのカウンセリングにおいて薬物療法併用となる場合には、薬剤感受性遺伝子検査の結果を利用できますので、従来よりも治療環境はかなり改善するといえます。

(6)性嫌悪や性衝動に対する嫌悪については、女性ホルモン注射・女性ホルモン内服とミルナシプラン等の性衝動抑制作用の強いSSRI/SNRIを併用します。お問合せ

 

2.診断or診断のやり直しをメインに希望の方

(1)プライマリファーストオピニオンと先端検査群

九州べテルクリニック福岡に発達障害初診の方、または他院で診断された発達障害について症状の程度の追検や批判的観点からの再診断を希望の方には、スタンフォード大学の遺伝子検査プログラムによるDRD遺伝子等の原因関与遺伝子の探索や、九州福岡では九州べテルクリニック福岡発達障害外来でのみ導入されているADI-R/CAADID日本語版 Conners’Adult ADHD Diagnostic Interview for DSM-IVTM(カーディッド)/CAARS日本語版 Conners’Adult ADHD Rating Scales(カーズ)/A-ASD/A-ADHD等のアメリカにおけるゴールドスタンダードといわれる半構造化診断面接技法と先端発達検査によっていくらでも探索しますお問合せ

 

こちらの心理検査・発達検査・知能検査プログラムは、ハーバード大学のプログラムを基にし、東大病院・東京大学病院精神科こころの発達診療部のプログラムを網羅しています。東京の大学病院や東大病院・東京大学病院精神科こころの発達診療部で受けられる検査であって、九州福岡ではこちらで受けられないものはありません(入院検査・入院行動観察は除く。)。

東大病院・東京大学病院精神科こころの発達診療部で行われている発達障害入院検査プログラムの内容が知りたい方は、プログラム冊子を差し上げます

 

また、発達障害遺伝子検査でカバーしている発達障害遺伝子の数と種類は、ジョンホプキンス大学「男性の遺伝病遺伝子データベース」に同定・収載されている(当該データベースについては市中の一般臨床医ではその存在すら知らない方も多いのでここでは紹介・参照はしません)、ADHD関与遺伝子68種類及びASD関与遺伝子117種類を全てカバーしています。よって、これらのADHD/ASD関与遺伝子のすべてについてその保有の有無とvariantリスク変異の有無を調べることが出来ます。さらにそのリスク変異があったとして、それがどの程度の発症増悪リスクとなるのかを示す比較倍率評価単位及びその同定にどの程度の裏付けられた根拠があるのかを示す評価単位もついています。

 

(2)セカンドオピニオン・サードオピニオン

内部だけでの診断で終わらせるのではなく、各種の遺伝子検査・内分泌検査・心理検査・知能検査の診断資料一式を転送し、セカンドオピニオン,サードオピニオンに回します。それぞれの先生とは診療で連携はしていますが、その診断意見は客観的かつ独立したもので、九州べテルクリニック福岡発達障害外来での診断を形式的になぞるものでは決してありません。

 

3.各種発達障害の種類の別と特徴、診断における考え方

(1)アスペルガー症候群 

DSM5におけるASDのうち、4歳までに言葉の遅れがなく、生まれつきの高い知能と美しい知性、その後の優秀な学業成績を示すものがアスペルガー症候群です。また、アスペルガー症候群に特有の雰囲気、細身で端麗な容姿がしばしば見られます。男児・少年の場合は女性によくモテ、特に年上の女性に好かれてお世話を焼かれる傾向が顕著に見られます。この点、トニー アトウッドも同様の指摘をしており、Aspergers Syndrome:A Guides for Parents and Professionals(P249)において、「私は、アスペルガー症候群の子どもが、ほかの人に母性的な保護したいという本能を引き起こさせてしまうことを発見しました」と述べています(邦訳 内山登紀夫)。一方で、トニーアトウッドはさらに「アスペルガー症候群の子どもは他人(周囲の大人)のまたは他の子どもからの動物的な攻撃の本能をも引き起こさせてしまう」と述べており、これが学校での「トラブル」やトランジットエイジにおける勤務先での「トラブル」につながっているものと思われます(学校での「トラブル」対策についてはこちら)。

アスペルガー症候群は、オキシトシン治療等の治療介入により、勉強・研究・お仕事について、顕著なパフォーマンスの向上を示しやすい発達障害です。お問合せ

九州べテルクリニック福岡発達障害外来での症例では、地区の上位高校で通年トップ20位以上、大学受験は上位国立大学現役合格を楽に成し遂げる部類の才能ある方たちです。旧基準DSM4-TRのころには、アスペルガー症候群の上位カテゴリである発達障害とADHDを併存して診断することは認められていなかったため、DSM5以前にアスペルガー症候群と診断された方には、ADHDの併存症がある方が多くいます。お問合せ

 

(2)ADHD

注意欠陥、多動性・衝動性の2大領域で特有の症状を示す発達障害です。DSM5以降はASDとの併存・接近傾向が広く強く認められるようになってきたため、九州べテルクリニック福岡発達障害外来ではASD自閉症スペクトラム/アスペルガー症候群とまとめて検査、診断、治療を行っています。九州べテルクリニック福岡発達障害外来では、保険適応外のエビリファイを使っています。ご希望であればストラテラも処方可能です。ADHDは、高知能群の場合には、オキシトシン治療等の治療介入により、勉強・研究・お仕事について、顕著なパフォーマンスの向上を示しやすい発達障害です。お問合せ

 

(3)その他の発達障害 ASD自閉症スペクトラム/PDD広汎性発達障害

DSM4-TRのPDD広汎性発達障害はその概念的にASD自閉症スペクトラムに吸収されましたが、日本にはPARSという独自の有用・優秀な自閉症評価尺度があり、その自閉症評価尺度は従来のPDD広汎性発達障害に焦点を当てたものであったため、自閉症スペクトラムにおける旧基準でのカテゴリー探索のためには、PDD広汎性発達障害の概念はいまなお独立して検討する余地があります。また、ASD自閉症スペクトラムには、特に高い知能と学業成績を示すわけではない普通の自閉症と、4歳までに言葉の遅れがあり知的障害はないものの特段に高い知能というわけではない高機能自閉症が含まれます。

 

(4)アスペルガー症候群と高機能自閉症の決定的な違い

決定的な違いは3つあります。

1.診断基準上、4歳までに言葉の遅れがあったかなかったか

2.その障害が、主に言葉・言語の障害か、他者とのコミュニケーションの障害か

3.際立って高い知能と知性、学業成績を示すか

お問合せ

 

4.診断の「道場破り」受診について

(1)ASD自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHDについては、そもそもその発達障害について特有のハイパフォーマンスを特徴としたいわゆる「かっこいい病気」であることや、歴史上の人物・著名人・有名人でこれらの発達障害だったとあとから検証されたりカミングアウトしたりした事例が広く知られるようになったためか、学業上も社会的にも成功しているのに、九州べテルクリニック福岡発達障害外来にわざわざ診断を受けにくる方がいらっしゃいます。ASD自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・ADHDのどの発達障害についても、職業生活・日常生活に困っておらず、臨床上有意な苦痛・困難というものがなければ、どれだけその特徴・症候・傾向があろうとも、わざわざ発達障害の病名・診断をつけることはありません。

(2)しかしながら、ASD自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・ADHDの特徴・症候・傾向については特定・鑑別可能ですので、一連の検査とともに、「道場破り」的な受診もお引き受けします。お問合せ

 

5.精緻緻密(High Scrutiny)な診断アセスメントとグローバルスタンダードな診断ツール

(1)ADI-R 常時実施体制は国内では東京大学医学部附属病院精神科(こころの発達診療部)及び
九州ベテルクリニック福岡発達障害(ASD自閉症スペクトラム アスペルガー症候群 ADD/ADHD PDD広汎性発達障害)専門外来のみ ;出典「医学の扉

(2)CAADID 常時実施体制は国内では東京大学医学部附属病院精神科(こころの発達診療部), 九州ベテルクリニック福岡発達障害(ASD自閉症スペクトラム アスペルガー症候群 ADD/ADHD PDD広汎性発達障害)専門外来, 弘前大学病院神経医学講座のみ ;出典「医学の扉

 

(3)CAARS 常時実施体制は国内では東京大学医学部附属病院精神科(こころの発達診療部), 九州ベテルクリニック福岡発達障害(ASD自閉症スペクトラム アスペルガー症候群 ADD/ADHD PDD広汎性発達障害)専門外来, 弘前大学病院神経医学講座のみ ;出典「医学の扉

 

(4)PARS-TR ADI-R/CAADID/CAARSとの併用常時実施体制は国内では九州ベテルクリニック福岡発達障害(ASD自閉症スペクトラム アスペルガー症候群 ADD/ADHD PDD広汎性発達障害)専門外来, 弘前大学病院神経医学講座のみ

Available Practices

© 2018このウェブサイトの著作権・所有権・使用権並びにその余の一切の権利は、自社のサービスクオリティをポテンシャルクライアントに対してパブリシティ・プレゼンテーションをするという、同社の専属的利益のために、Healthcare Marketing Associates社が一身専属的に所有しています。このウェブサイト及び同社へのチャレンジに対しては、No Tolerance Policyに基づき、司法管轄の弁護士が厳正に責任追及を行います。同社の法人格及びこのウェブサイトの一切の権利(サーバー・ドメイン・コンテンツ)とその運営の全ては、米国・EU・日本国の外で保持されており、このウェブサイト及びそれにかかる一切の事項につき、米国・EU・日本国の法令・法律・司法権は及びません。一方で、米国・EU・日本国にPE恒久的施設を有する個人・企業会社・組織団体に対しては、ディスカバリー・文書提出命令・当事者照会・第三者照会・地域の弁護士会照会などの法的調査権(民事訴訟法・刑事訴訟法・プロバイダ責任制限法・個人情報保護法除外規定等)に基づいて、積極的かつアグレッシブな調査を行います。行政・政府・国家による非関税障壁やWTO/NAFTA違反行為についても、これら自由貿易関連の協定並びに行政事件訴訟法及び国家賠償法に基づいて、積極的に提訴します。 発達障害関連法令

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
med4wealth mini