I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

February 24, 2017

診断と治療についてのあれこれ~発達障害診断とオキシトシン治療など~

1.治療をメインに希望の方

(1)治療をメインに希望の方は、ほとんどの方が幼少期か成人してから他院にてASD/ASp/ADD/ADHD/PDDなどを診断済みでいらっしゃいます。こちらでは、オキシトシンホルモン治療をDSM4-TR/DSM5のすべての発達障害に適応を拡大済みであるため、いずれであっても又はいずれのスペクトラム併存症であってもオキシトシンホルモン治療に導入可能です(なお、過去の診断の再検メニューと現在の症状の程度評価アセスメントのメニューもあります)。お問合...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Please reload

最新記事
タグから検索
​分野別サイト
アーカイブ
Please reload

トランスジェンダーGID性同一性障害/GD性別違和外来では多くの性同一性障害・性別違和の方々の診療をしてきましたが、性同一性障害とまではいえない性別違和の方に、アスペルガー症候群・ADHD等の才能型発達障害を基礎疾患に有する方が多くいらしたため、そのような方々に総合的かつ個別的に対応するため、発達障害外来を新たに併設しました。ゲーム障害はこちらから

​ゲーム障害ポータル

九州福岡で発達障害自閉症のオキシトシン治療を受けられる発達障害専門領域のウェブサイトが新しくなりました 

予備サイト1画像少なめ​ 

予備サイト2画像極力少なめ(パケットギガにやさしい)

© 2018このウェブサイトの著作権・所有権・使用権並びにその余の一切の権利は、自社のサービスクオリティをポテンシャルクライアントに対してパブリシティ・プレゼンテーションをするという、同社の専属的利益のために、Healthcare Marketing Associates社が一身専属的に所有しています。このウェブサイト及び同社へのチャレンジに対しては、No Tolerance Policyに基づき、司法管轄の弁護士が厳正に責任追及を行います。同社の法人格及びこのウェブサイトの一切の権利(サーバー・ドメイン・コンテンツ)とその運営の全ては、米国・EU・日本国の外で保持されており、このウェブサイト及びそれにかかる一切の事項につき、米国・EU・日本国の法令・法律・司法権は及びません。一方で、米国・EU・日本国にPE恒久的施設を有する個人・企業会社・組織団体に対しては、ディスカバリー・文書提出命令・当事者照会・第三者照会・地域の弁護士会照会などの法的調査権(民事訴訟法・刑事訴訟法・プロバイダ責任制限法・個人情報保護法除外規定等)に基づいて、積極的かつアグレッシブな調査を行います。行政・政府・国家による非関税障壁やWTO/NAFTA違反行為についても、これら自由貿易関連の協定並びに行政事件訴訟法及び国家賠償法に基づいて、積極的に提訴します。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now