もっと詳しく美容皮膚科

美容皮膚科の主な治療対象となる

疾患疾病

 

しみ

皺(しわ)

瘢痕(ニキビ痕・あばた・火傷痕・外傷痕)

不整輪郭(お顔の均整の不具合)

 治療方針としては、『なるだけ「切ったり貼ったり縫ったり」はしないで、注射ないし経皮導入並びに光照射等の非侵襲的方法によること』を科是としています。

 しみ対策の治療としては、既に方法論が確立しており、メラニン生成の回路を強制的に遮断する注射・トラネキサム酸他内服薬の服用・メラニン色素分解剤及びメラノサイト除去剤の外用を併用します。

 しわ対策の治療としては、Botoxボトックスとヒアルロン酸フィラー(注射注入)治療を入門編治療としています。これらの入門編治療を経験していただくか、少なくともこれらについての議論を経られた方には、Botoxボトックスとヒアルロン酸フィラー(注射注入)治療では得られないお顔の「自然なふっくら感」や小じわの持続的な解消傾向をもたらす、より高度な治療を受けていただけます(この段階では、しばしば再生美容外来との共同管轄となります。)。

 瘢痕(傷跡・傷痕)としては、主にニキビ痕・火傷痕・外傷痕等の非増殖性かつクロニック(受傷後一定期間が経過したm)な瘢痕を想定しており、注射・低侵襲な外科的措置・内服・外用を併用しつつ、比較的初期の段階で診療科外の再生美容外来との共同管轄でもって治療します。

 顔の不整輪郭についての輪郭修正・輪郭調整としては、ボトックスによるえら張り解消術、眉間へのフィラー注射注入による隆鼻術、「顎がない」ないし「顎が小さい」場合の顎先(あごさき)へのフィラー注射注入による顎形成術があります。特に、このフィラー注射注入による顎形成術の場合は、数回程度これを行いある程度の理想的な顎の形が決定できたら、その後その形成部分に自家線維芽細胞の遊走進出と皮下組織形成を誘導する再生美容外来管轄のin vivo再生注射に移行できることがあります。