© 2018このウェブサイトの著作権・所有権・使用権並びにその余の一切の権利は、自社のサービスクオリティをポテンシャルクライアントに対してパブリシティ・プレゼンテーションをするという、同社の専属的利益のために、Healthcare Marketing Associates社が一身専属的に所有しています。このウェブサイト及び同社へのチャレンジに対しては、No Tolerance Policyに基づき、司法管轄の弁護士が厳正に責任追及を行います。同社の法人格及びこのウェブサイトの一切の権利(サーバー・ドメイン・コンテンツ)とその運営の全ては、米国・EU・日本国の外で保持されており、このウェブサイト及びそれにかかる一切の事項につき、米国・EU・日本国の法令・法律・司法権は及びません。一方で、米国・EU・日本国にPE恒久的施設を有する個人・企業会社・組織団体に対しては、ディスカバリー・文書提出命令・当事者照会・第三者照会・地域の弁護士会照会などの法的調査権(民事訴訟法・刑事訴訟法・プロバイダ責任制限法・個人情報保護法除外規定等)に基づいて、積極的かつアグレッシブな調査を行います。行政・政府・国家による非関税障壁やWTO/NAFTA違反行為についても、これら自由貿易関連の協定並びに行政事件訴訟法及び国家賠償法に基づいて、積極的に提訴します。

もっと詳しく美容皮膚科

美容皮膚科の主な治療対象となる

疾患疾病

 

しみ

皺(しわ)

瘢痕(ニキビ痕・あばた・火傷痕・外傷痕)

不整輪郭(お顔の均整の不具合)

 治療方針としては、『なるだけ「切ったり貼ったり縫ったり」はしないで、注射ないし経皮導入並びに光照射等の非侵襲的方法によること』を科是としています。

 しみ対策の治療としては、既に方法論が確立しており、メラニン生成の回路を強制的に遮断する注射・トラネキサム酸他内服薬の服用・メラニン色素分解剤及びメラノサイト除去剤の外用を併用します。

 しわ対策の治療としては、Botoxボトックスとヒアルロン酸フィラー(注射注入)治療を入門編治療としています。これらの入門編治療を経験していただくか、少なくともこれらについての議論を経られた方には、Botoxボトックスとヒアルロン酸フィラー(注射注入)治療では得られないお顔の「自然なふっくら感」や小じわの持続的な解消傾向をもたらす、より高度な治療を受けていただけます(この段階では、しばしば再生美容外来との共同管轄となります。)。

 瘢痕(傷跡・傷痕)としては、主にニキビ痕・火傷痕・外傷痕等の非増殖性かつクロニック(受傷後一定期間が経過したm)な瘢痕を想定しており、注射・低侵襲な外科的措置・内服・外用を併用しつつ、比較的初期の段階で診療科外の再生美容外来との共同管轄でもって治療します。

 顔の不整輪郭についての輪郭修正・輪郭調整としては、ボトックスによるえら張り解消術、眉間へのフィラー注射注入による隆鼻術、「顎がない」ないし「顎が小さい」場合の顎先(あごさき)へのフィラー注射注入による顎形成術があります。特に、このフィラー注射注入による顎形成術の場合は、数回程度これを行いある程度の理想的な顎の形が決定できたら、その後その形成部分に自家線維芽細胞の遊走進出と皮下組織形成を誘導する再生美容外来管轄のin vivo再生注射に移行できることがあります。 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now