© 2018このウェブサイトの著作権・所有権・使用権並びにその余の一切の権利は、自社のサービスクオリティをポテンシャルクライアントに対してパブリシティ・プレゼンテーションをするという、同社の専属的利益のために、Healthcare Marketing Associates社が一身専属的に所有しています。このウェブサイト及び同社へのチャレンジに対しては、No Tolerance Policyに基づき、司法管轄の弁護士が厳正に責任追及を行います。同社の法人格及びこのウェブサイトの一切の権利(サーバー・ドメイン・コンテンツ)とその運営の全ては、米国・EU・日本国の外で保持されており、このウェブサイト及びそれにかかる一切の事項につき、米国・EU・日本国の法令・法律・司法権は及びません。一方で、米国・EU・日本国にPE恒久的施設を有する個人・企業会社・組織団体に対しては、ディスカバリー・文書提出命令・当事者照会・第三者照会・地域の弁護士会照会などの法的調査権(民事訴訟法・刑事訴訟法・プロバイダ責任制限法・個人情報保護法除外規定等)に基づいて、積極的かつアグレッシブな調査を行います。行政・政府・国家による非関税障壁やWTO/NAFTA違反行為についても、これら自由貿易関連の協定並びに行政事件訴訟法及び国家賠償法に基づいて、積極的に提訴します。

​トランスジェンダー

GID性同一性障害

(MTF)

トランスジェンダー

​GID性同一性障害(FTM)

料金プランはこちら

男性の身体から女性の身体に変更する場合:

男性ホルモンの血中濃度を抑制し、女性ホルモンの血中濃度を増やす、というのが基本的な治療方針となります。

男性ホルモンには、テストステロンと、テストステロンの代謝物であるデヒドロテストステロンがありますが、いずれの男性ホルモンについても、その分泌を抑制する治療法の選択肢をご用意しています。

 

当院では、厳密な意味での性同一性障害でなくとも、女性ホルモン補充療法・抗男性ホルモン療法を実施することとしています。一般の内科や内分泌科で治療を断られた経験がおありの片でも、気兼ねなくお気軽にご相談ください。

 

ご相談者様の体質・アレルギー等病歴等の直接的に治療に関係することについてはなるだけお話しをお伺いしたいとは思いますが、基本的にお話しいただけることのみお話しくださればけっこうです。「女性っぽい外見にしたい」という相談から、美容医療レベルに踏み込んで「生来の女性よりも美しくなりたい」というご相談まで、全力でお受けします。

1.女性ホルモン(エストロゲン)内服

トランスジェンダー 性同一性障害の治療の基本です。女性の更年期障害の治療における治療薬と用法用量を基準に、お客様のご希望をお伺いしながら、具体的な実施案を検討します。

2.女性ホルモン(エストロゲン)注射

女性ホルモン内服薬に加えて、より強力で効率的な治療成果を求められるお客様への治療です。

3.長期間作用型抗テストステロン薬(抗テストステロン・抗デヒドロテストステロン) 注射

この治療法は,本来は前立腺癌の治療法として開発され,英国における臨床で確立されています。前立腺癌の治療法とはいえ、一般の抗癌剤による化学療法のような副作用はありません。
現在では,女性の乳癌治療や男性のボディビルダー等の筋肉増強ステロイド乱用後の内分泌治療への応用も研究されています。
この抗テストステロン薬の作用は,女性ホルモンを投与するというものではなく,脳下垂体に働きかけ,体内の自然な内分泌をコントロールして,精巣・睾丸におけるテストステロンの産生を抑制します。

4.抗デヒドロテストステロン 内服

男性ホルモンのうち、男性的な特徴の発現・形成につき、より関与するデヒドロテストステロンの血中濃度をコントロールするお薬の内服治療です。月初の5日間で、1日2錠 計10錠のお薬を内服していただきます。作用が28日間と長いお薬ですので、一般の内科におけるトランスジェンダー治療のような毎日の内服にうんざりな方にも適した治療法です。

5.補助的な血栓予防薬 内服 

女性の更年期障害の治療では、使用するホルモン剤の用量も大きくなっていることもあり、血栓のリスクを心配する方もいらしゃいます。一方で、男性のトランスジェンダー 性同一性障害の治療では、必ずしも女性の更年期障害の治療の最大量と同一量のホルモン剤を使用するわけではありません。しかし、それでも血栓リスクをご懸念になるお客様のための、補助的な治療オプションとして、血栓予防薬の内服治療をご用意しております。

6.女性ホルモン美容外用薬の調整

複数の種類のエストロゲン、エストラジオール等の女性ホルモン薬と、レチノール等の美容皮膚科ではおなじみの美容治療薬を組み合わせて、お顔・手専用の外用薬・塗り薬を調整します。 特に配合してほしい成分や、お顔の美容上の悩みをお伺いして、頻繁に処方と製法を変更しながら、個別の治療薬を作っていきます。

 

​GID性同一性障害トランスジェンダー特設サイトNEW 

トランスジェンダーメニュー

料金プランはこちら

女性の身体から男性の身体に変更する場合(FTM):

 

女性ホルモンの血中濃度を抑制し、男性ホルモン(テストステロン)の血中濃度を増やす、というのが基本的な治療方針となります。

 

FTMで行なう男性ホルモン治療では、主に男性ホルモン剤又は蛋白同化ステロイド剤の2系統から選択します。男性ホルモン(テストステロン類)剤又は蛋白同化ステロイド剤のいずれについても、日本薬局方登載の薬剤に加えて、複数の選択肢をご用意しています。

 

ご相談者様の体質・アレルギー等病歴等の直接的に治療に関係することについてはなるだけお話しをお伺いしたいとは思いますが、基本的にお話しいただけることのみお話しくださればけっこうです。

 

 

1.男性ホルモン(テストステロン類)又は蛋白同化ステロイド内服

 トランスジェンダー GID性同一性障害の治療の基本です。男性の更年期障害の治療における治療薬と用法用量を基準に、お客様のご希望をお伺いしながら、具体的な実施案を検討します。

 

2.男性ホルモン(テストステロン類)又は蛋白同化ステロイド注射

 男性ホルモン(テストステロン類)又は蛋白同化ステロイド内服薬に加えて、より強力で効率的な治療成果を求められるお客様への治療です。

 

3.長期間作用型抗エストロゲン薬 注射

この治療法は,本来は前立腺癌の治療法として開発され,英国における臨床で確立されています。前立腺癌の治療法とはいえ、一般の抗癌剤による化学療法のような副作用はありません。

 現在では,女性の乳癌治療や男性のボディビルダー等の筋肉増強ステロイド乱用後の内分泌治療への応用も研究されています。

この抗女性ホルモン薬の作用は,男性ホルモンを投与するというものではなく,脳下垂体に働きかけ,体内の自然な内分泌をコントロールして,女性ホルモンの産生を抑制します。

4.抗デヒドロテストステロン 内服

 男性ホルモンのうち、好ましくない男性的な特徴の発現・形成(薄毛・にきび・脂症等)につき、より強く関与するデヒドロテストステロンの血中濃度をコントロールするお薬の内服治療です。月初の5日間で、1日2錠 計10錠のお薬を内服していただきます。作用が28日間と長いお薬ですので、一般の内科におけるトランスジェンダー治療のような毎日の内服にうんざりな方にも適した治療法です。

 

5.補助的な血栓予防薬 内服 

更年期障害のホルモン治療では、使用するホルモン剤の用量も大きくなっていることもあり、血栓のリスクを心配する方もいらしゃいます。そこで、血栓リスクをご懸念になるお客様のための補助的な治療オプションとして、血栓予防薬の内服治療をご用意しております。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now