© 2018このウェブサイトの著作権・所有権・使用権並びにその余の一切の権利は、自社のサービスクオリティをポテンシャルクライアントに対してパブリシティ・プレゼンテーションをするという、同社の専属的利益のために、Healthcare Marketing Associates社が一身専属的に所有しています。このウェブサイト及び同社へのチャレンジに対しては、No Tolerance Policyに基づき、司法管轄の弁護士が厳正に責任追及を行います。同社の法人格及びこのウェブサイトの一切の権利(サーバー・ドメイン・コンテンツ)とその運営の全ては、米国・EU・日本国の外で保持されており、このウェブサイト及びそれにかかる一切の事項につき、米国・EU・日本国の法令・法律・司法権は及びません。一方で、米国・EU・日本国にPE恒久的施設を有する個人・企業会社・組織団体に対しては、ディスカバリー・文書提出命令・当事者照会・第三者照会・地域の弁護士会照会などの法的調査権(民事訴訟法・刑事訴訟法・プロバイダ責任制限法・個人情報保護法除外規定等)に基づいて、積極的かつアグレッシブな調査を行います。行政・政府・国家による非関税障壁やWTO/NAFTA違反行為についても、これら自由貿易関連の協定並びに行政事件訴訟法及び国家賠償法に基づいて、積極的に提訴します。

外来専門領域紹介

各外来を簡潔に紹介します。

診療科の枠組みに捉われない特設外来

診療分野別専門領域:3分野13領域
(先端医療分野)

診断領域:複数の他院で診断不能・原因不明・病状慢性化等の予後不良となった症例に対し、発症契機から診断治療経過を批判的に検証し、適宜の仮説に基づく試験的治療を行なう外来です。

遺伝子検査領域:現在の疾病疾患の治療から将来患うであろう疾病疾患の予防的治療 に資するべく、全ゲノム解析による絨毯爆撃型の遺伝子検査を行なう外来です。

遺伝子治療領域:ある疾病疾患につき、 その疾病疾患の関与遺伝子が判明している場合に、遺伝子導入又はRNA干渉により遺伝子治療を行なう外来です。場合によっては、外国の医療機関での実施となる場合があります。

タンパク治療領域:ある疾病疾患につき、その疾病疾患の関与たんぱく質が判明している場合に、たんぱく質膜導によりタンパク導入治療を行なう外来です。場合によっては、外国の医療機関での実施となる場合があります。

高度先端癌治療特科領域:遺伝子治療・癌抑制たんぱく治療・テーラーメード抗体治療等のコンプレヘンシブアプローチにより、先端の癌治療を行ないます。

 

肥厚性瘢痕ケロイド特科領域:一般に皮膚科・形成外科は治療不能といわれている肥厚性瘢痕及びケロイドに対し、瘢痕細胞のアポトーシスを誘導するアプローチから開始し、再生美容領域との共同管轄により、再生医療技術と連携して治療します。

(美容分野)

頭髪再生領域:既にエビデンスが確立した内服薬による治療から初めて、サイトカイン成長因子等のメソセラピー注射治療毛芽毛根を再生するバルジ幹細胞のin vivo再生による毛髪再生頭髪再生まで、日々発表される先端の治療法にはたいてい対応しています。

 

再生美容領域:線維芽細胞及び皮膚バルジ幹細胞のin vivoインキュベート環境の再構築から初めて、in vivo幹細胞賦活、線維芽細胞のテロメア伸長修復まで対応します。

 

美容治療事故症例修復領域:他の病医院における美容治療で発生した事故症例を修復します。ヒアルロン酸注射注入やFGF成長因子注射注入による皮膚の凹凸でこぼこ事例等、一般には治療不能といわれる症例に取り組んでいます。



(内分泌分野)

薬物依存領域:依存薬物の排出から初めて、依存薬物の効果を相殺することで以後の使用を断ち切る拮抗薬による治療を行ないます。

 

トランスジェンダー領域:女性から男性へ(FTM)、男性から女性へ(MTF)、いずれのジェンダーからの転換も対応しています。基本的なカウンターホルモン内服注射から始まり、女性ホルモン分泌抑制 男性ホルモン分泌抑制の治療まで。非定型GID性同一性障害として、CD Cross Dresserクロスドレッサー、自己女性化愛好症(オートガイネフィリア、オートギネフィリア、オートジネフィリア)等の方のご相談と、GID診断並びにSRSを前提としないホルモン治療にも応じています。

​総合受付内のトランスジェンダー領域のページはこちら

 

非定型成長ホルモン低身長領域:いわゆる保険診療の低身長治療 成長ホルモン治療の基準を満たさない少年・少女及び大人に向けて、成長ホルモン治療を実施する外来です。

 

ホルモンを使用しない更年期領域:男性更年期 女性更年期、いずれの症例においても、「ホルモン剤による治療は避けたい」「ホルモン剤は怖い」とおっしゃる方は一定数いらっしゃいます。そのよう方向けに、生薬 メディカルハーブ その他サプリメント 等による補完的な治療を行なっています。また、「ホルモン剤が怖い」と思われる原因は、その潜在的な発ガンリスクをご心配になられているのだと思います。そこで、女性の方には乳がんと卵巣がんの遺伝子検査 、男性には前立腺癌の遺伝子検査をお勧めしており、その結果の如何によって、ホルモン補充療法をするかしないかの

判断材料としていただいております。
 


診療対象分野別専門領域:2分野3領域

(富裕層ニーズ分野)

富裕層等特別診療領域

ビジネスエグゼクティブ部門:主に経営者様 会社役員様向けの外来です。全診療科全診療分野別専門外来のサービスを横断的にご利用いただけます。

アスリート部門:アマチュア選手からプロ選手まで、WADA その他所属団体等の規則・規制の状況・個別の事情を伺いながら、可能な限りの治療をします。治療対象は主に外傷の短期修復・古傷の再生・パフォーマンスの向上です。

 海外のトップ選手が受けているサイトカイン治療 筋肉・骨・腱等の再生治療から遺伝子治療まで、ご希望に応じて対応します。

ボディビルダー部門:ボディビルダーの方の場合、他のアスリートとは治療ニーズと競技事情がだいぶ異なりますので、別個に外来を設けています。競技成績向上のための従来の成長ホルモン・テストステロン等男性ホルモンはもとより、より身体に負担をかけずにテストステロンよりも効果をあげるようなたんぱく治療・遺伝子治療まで、ご予算に応じてご相談に応じます。

タレント芸能部門:モデル・タレント・歌手・ダンサー・コンパニオン等の芸能ショービジネスの方向けの特設外来です。夜間・深夜・早朝等のイレギュラーな時間帯の診療、ロケ地・滞在地での美容上の救急案件への転地往診ないし随行対応などを行なっています。

受験生及び部活等スポーツ生支援部門:富裕層のご子息ご息女の勉強・スポーツのパフォーマンス向上のための、各診療科・外来横断的なサポートをしています。

(ニッチ層ニーズ分野)

コンパニオンアニマル(伴侶動物)医療における獣医師治療支援及びセカンドオピニオン領域:伴侶動物のうちに、主にうさぎ様及び猫様と一緒に暮らしておいでの方に向けて、現行の獣医学上の治療ではそれ以上改善しないような症例につき、人間の再生医療やタンパク治療・遺伝子治療の技術の応用の如何を考慮し、応用可能であれば、担当の主治医中獣医師に技術と機器・材料の提供をします。

 

専門家支援照会領域:他院医師からの遺伝子検査の依頼受託と遺伝子検査結果の教示、他院医師からの予後不良事例の修復依頼受託、他院医師に対するその他先端分野のコンサルテーションを行なっています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now