© 2018このウェブサイトの著作権・所有権・使用権並びにその余の一切の権利は、自社のサービスクオリティをポテンシャルクライアントに対してパブリシティ・プレゼンテーションをするという、同社の専属的利益のために、Healthcare Marketing Associates社が一身専属的に所有しています。このウェブサイト及び同社へのチャレンジに対しては、No Tolerance Policyに基づき、司法管轄の弁護士が厳正に責任追及を行います。同社の法人格及びこのウェブサイトの一切の権利(サーバー・ドメイン・コンテンツ)とその運営の全ては、米国・EU・日本国の外で保持されており、このウェブサイト及びそれにかかる一切の事項につき、米国・EU・日本国の法令・法律・司法権は及びません。一方で、米国・EU・日本国にPE恒久的施設を有する個人・企業会社・組織団体に対しては、ディスカバリー・文書提出命令・当事者照会・第三者照会・地域の弁護士会照会などの法的調査権(民事訴訟法・刑事訴訟法・プロバイダ責任制限法・個人情報保護法除外規定等)に基づいて、積極的かつアグレッシブな調査を行います。行政・政府・国家による非関税障壁やWTO/NAFTA違反行為についても、これら自由貿易関連の協定並びに行政事件訴訟法及び国家賠償法に基づいて、積極的に提訴します。

脱毛たんぱく質除去:抗PGD2脱毛症薬

May 2, 2016

 下記の米・スイス研究にかかる最新の脱毛症治療について、これに対応する治療薬と服用外用プロトコルをご用意しました。

 従来の内服治療基本セットのオプションとしてご利用いただけます。費用については育毛毛髪再生 頭髪再生治療メニューの「新薬 抗脱毛タンパク阻害剤内服併用コース」の部分をご参照ください。詳しくはお問い合わせください。

------------------------------------------------------------------

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2012-03-21/-
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52074735.html
「今度こそ?男性型脱毛症の原因は特定のたんぱく質である可能性。除去すれば再びふさふさに(米・スイス研究)」
男性型脱毛症の原因が頭皮中にある特定のタンパク質である可能性が研究報告で明らかになった。米製薬メーカーのメルクとスイスのアクテリオンがそれぞれ他の治療目的で開発中の薬が、そのたんぱく質を除去し、薄毛の治療に効果を表す可能性があるという。
 サイエンス・トランスレーショナル・メディスン誌に掲載された研究報告によると、脱毛部分には「プロスタグランジンD2」(PGD2)と呼ばれるタンパク質が過剰に存在していることが判明した。メルクが試験中の顔面紅潮の治療薬と、アクテリオンが開発しているアレルギー薬には、このタンパク質をブロックする働きがある。いずれの研究も後期段階に入っている。
 研究によると白人男性の10人に8人は70歳を迎えるまでにある程度の脱毛を経験する。ペンシルベニア大学医学大学院の皮膚科部長ジョージ・コツァレリス氏は、発毛を抑えているタンパク質を除去すれば、すべての毛髪が再び生えてくることも可能になろうと話す。
 

Please reload

お知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now