テロメラーゼ治療について(BioViva USA社 版)

下記の報道の治療法につき、既に対応しています。ご希望の方はお問い合わせください。

-------------------------------------------

「ワシントン州シアトルを本拠とするバイオ企業BioViva USAのCEO、エリザベス・パリッシュは、 同社が開発した「若返り」のための遺伝子治療を自身の体でテストしたところ、細胞が20歳 若返った。彼女はこの実験的な治療を、2015年9月にコロンビアのクリニックで受けたという(詳細は未公表)。こうした型破りな臨床試験が海外で行われた背景には、米国の規制を回避するという目的があったと語っている。臨床試験の詳細は明らかにされていないが、パリッシュCEOの説明では、治療の一環として、遺伝子組み換えウイルスの静脈内注射が行われたという。このウイルスによって、「テロメラーゼ」と呼ばれる酵素を生成する遺伝物質が細胞に運ばれた。

テロメラーゼは、人体の細胞における「テロメア」と呼ばれる部分の長さを伸ばす。テロメアとは、 染色体の末端で、DNAの「保護キャップ」的な役割を果たす部分だ。テロメアは細胞の老化と ともに自然にすり減ってゆくが、テロメラーゼの投与によってそれを保護しようとする手法だ。

(抜粋)」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160508-00010000-wired-sctch

http://bioviva-science.com/2016/04/21/first-gene-therapy-successful-against-human-aging/

http://kasegeru.blog.jp/archives/59712788.html


お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。